スターウォーズのシリーズ6作品目となる「スターウォーズ シスの復讐」。

エピソード3となります!!

 

「スターウォーズシスの復讐」は新3部作の完結編であると共に重要なエピソードとなっております。

今回は、この「スターウォーズシスの復讐」のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介していきます!



『スターウォーズ シスの復讐』あらすじから紹介!

クローン大戦から4年が経過した頃の話となっております。

優位であった銀河共和国は独立した星系の軍にパルティーンをとらえられてしまいます。

 

パルティーンを救出に向かおうとオビ=ワンとアナキン・スカイウォーが敵の基地へと向かうんです!!

そこでドゥーク伯爵と再び会い対決することになるんです。

 

パルティーンが指示し、その命令でアナキンはドゥークの首を跳ねるのです。

そして、パルティーンを救出後アナキンは、パドメ・アミダラが妊娠していたことを知るんですが、喜びと不安がありました。

 

幼い頃母をなくしており、出産で彼女が死んでしまい失ってしまうかもしれないと悪夢にうなされます。

 

『スターウォーズジェダイの帰還』のあらすじやラスト結末もネタバレ!感想も!

スターウォーズの帝国軍兵士のストームトルーパーは何者?

『スターウォーズ シスの復讐』ネタバレ解説!

スポンサードリンク




一方ジェダイ評議会はパルティーンに疑いの目を向けており、そのスパイ約にアナキンが任命されました。

パルティーンはアナキンが悩んでることにつけこみフォースの暗黒面の力でパドラを救うことができるといってきます。

 

この事からアナキンパルティーンがシスの卿ダース・シディアスであったことが判明し評議会へ報告するんですね!!

報告は、したんですがパルティーンの言葉がどうしても気になり誘惑に負けフォースの暗黒をとうとうはめてしまうんです。

 

そして、ジェダイたちはフォースの暗黒面に墜ちたアナキンに次々と抹殺されてしまいます。

残ったのはオビ=ワンとヨーダのみになってしまうんです!!

 

アナキンはパルティーンの企みに見事はまってしまったんです。

 

スターウォーズのジェダイとは?フォースについても解説!

スターウォーズ フォースの覚醒のあらすじや感想!ラストネタバレも紹介!

『スターウォーズ シスの復讐』まとめと感想!


この作品でアナキンがなぜ、ダーク・ベーダになったかわかりました。

それまで只悪ものという視点でダース・ベーダーを見ていました。

 

ですが暗黒面を被ってパドラを救えるかもという望みにかけて暗黒面を被ったアナキンは敵ながらも感動しました。

最終的にはアナキンは騙されて暗黒面mを被ることになってしまったことは残念ですね。

 

アナキンの気持ちを踏みにじったパルティーンは最悪です!!

そして、これから暗黒面に堕ちていってしまったアナキンにどういう展開が待ち望んでるのか次回が気になりました。

 

動画配信情報

エピソード1『スターウォーズ ファントム・メナス』(吹き替えフル)

エピソード2『スターウォーズ クローンの攻撃』吹き替えフル)

エピソード3『スターウォーズ シスの復讐』(吹き替えフル)

エピソード4『スターウォーズ 新たなる希望』(吹き替えフル)

エピソード5『スターウォーズ帝国の逆襲』(吹き替えフル)

エピソード6『スターウォーズジェダイの帰還』(吹き替えフル)

エピソード7『スターウォーズ フォースの覚醒』(吹き替えフル)

スポンサードリンク