「パディントン2」の続編が2018年の1月に公開されましたね。

2016年の1月に「パディントン」が公開された事を考えると続編早いな!

 

っと思ったのですが、イギリスでは2014年に公開されていたので3年ぶりにパディントンが帰ってきたことになるんですね。

前作のパディントンは全世界で大ヒットしたようですから、今回の「パディントン2」も楽しみですよよね。

 

今作のパディントンはすっかりロンドンでの暮らしにも慣れて、みんなの人気者になっているところから始まります。

しかも今作にも大物俳優が出演しています。

 

それは…

ヒュー・グランとです。

 

イギリス人俳優といえばという質問に必ず上位に上がっている彼がパディントンの敵として参加しています。

パディントンとどんな絡みを見せるのか楽しみです。

 

そんな「パディントン2」をネタバレありでラスト結末までご紹介します!

あらすじを踏まえての口コミまで全て書いちゃいますので楽しみにしてください。



「パディントン2」のあらすじは?

前作の始めでパディントンロンドンに行く前、ペルーの森でルーシーおばさん夫婦と一緒に暮らしていましたよね。

どうしてパディントンがルーシーおばさんと暮らすことになったかというと、橋の上でマーマレードサンドウィッチを食べている熊の夫婦がいます。

 

これが若かりし頃のルーシーおばさん達です。

その時に川を流れてくる小さな熊を見つけます。

 

熊は木の上に乗って流されていたのです。そう、この小さな熊がパディントンなんです。

パディントンを見つけたルーシーおばさん達はなんとか頑張ってパディントンを助けてくれたのでした。

 

そしてルーシーおばさんとパディントンは一緒に暮らすようになったのです。

パディントン2はルーシーおばさんとパディントンの出会いからお話が始まります。

 

パディントンがロンドンにきて3年。ルーシーおばさんは100歳の誕生日をむかえようとしています。

そんなルーシーおばさんにパディントンは誕生日プレゼントを送ろうと考え探していました。

 

自分のいるロンドンをルーシーおばさんに見せてあげたいと考えたパディントンはロンドンの街が描かれている飛び出す絵本を買おうと決めました!

そしてその本を買うためにアルバイトを始めたのです。

 

パディントンのアルバイトってなんだか可愛いですよね♫

色んなバイトをしながらお金を貯めているパディントンですが、ある日自分が買おうとしている絵本が盗まれるのをみてしまいます。

 

慌てて犯人を追いかけるパディントン。

しかし警察に捕まったのはパディントンだったのです。

 

そしてパディントンは刑務所におくられてしまいます。

刑務所に入ってしまったパディントンはどうなってしまうのでしょう??

スポンサードリンク



「パディントン2」ネタバレラスト結末は?

実は絵本を盗んだ犯人はパディントンが公園で一度会ったことのあるブキャナンだったのです。

は刑務所で仲良くなった仲間達と脱獄するんです。

 

はマーマレードサンドを作って刑務所で人気者になっていたんです。

さすがパディントンですね。

 

だから脱獄に協力してくれたんです。

一家もパディントンのために独自に捜査をしていてブキャナンが怪しいと突き止めていました。

 

一家と刑務所の仲間達と一緒にパディントンはブキャナンを追い詰めますが、ブキャナンはパディントンの乗った車両を川に転落させるんです!!

がパディントンを助け、ブキャナンも捕まりますが、パディントンは意識不明になってしまいます。

 

かなパディントンっと思わず心配してしまいましたが、パディントンは無事に回復して目を覚まします。

 

しかしその日はルーシーおばさんの誕生日当日でした。

ブラウン一家が協力してくれてパディントンはルーシーおばさんをロンドンに呼ぶことができて一緒に誕生日を過ごしたのでした。

「パディントン2」の感想、口コミは?

今回も相変わらずのかわいさのパディントンでした。

ブラウン一家ともすっかり仲良くなっていたし、ロンドンにもとけ込んでいましたよね。

 

刑務所にいったりしてドキドキしましたけど、そこはさすがパディントン。

マーマレードサンドで大人気になっていました。

 

私もそうですがこのマーマレードサンド食べたいと思った方多いようですね。

口コミでもパディントンの作るマーマレードサンドが食べたいっていう感想を多くみかけました。

 

きっと甘くて美味しいんでしょうね。

いつか食べてみたいなー。

 

可愛いパディントンの活躍はとっても癒されるので是非また続編も作ってほしいですね。

みんなまたパディントンに会える日を待っています。

スポンサードリンク