「キングスマン」は2014年に公開されたイギリスの映画です。

 

「キングスマン」はコミックの「キングスマン:ザ・シークレット・サービス」が原作となっていて、世界最強のスパイの物語となっています。

 

この作品の主役ハリー・ハートを演じたコリン・ファースは「英国王のスピーチ」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したり、「ブリジット・ジョーンズの日記」に出演したりと、アクション映画のイメージがないのですが、今回はスパイとしてアクションを演じているのも見所の1つです。

 

また2017年に続編の「キングスマン:ゴールデン・サークル」も製作されるほど人気映画となりました。

今回はそんなヒット映画「キングスマン」のネタバレラスト結末までを解説していきます。

 

そして「キングスマン」を見た人達の感想や評判もご紹介します。



「キングスマン」って何?

そもそもキングスマンってどういう意味何でしょうか?

ロンドンのショッピング街に高級紳士服店「キングスマン」というお店があります。

 

そうです、「キングスマン」とは紳士服店の店舗名だったんです。

ただしこの「キングスマン」というお店はたんなる紳士服店ではなく、世界を守るためのスパイ組織「キングスマン」の拠点でもありました。

 

「キングスマン」とは紳士服店の名前かつスパイ組織の名前でもあったのです。

イギリスのスパイといと「007」を思い出しますが、この「キングスマン」はイギリスのスパイではなく全世界のスパイ、全世界の平和のために活動していました。

 

そこに毎日ケンカばかりしていたエグジーがスパイ候補生として送られてきます。

彼をスパイにしようとしたのは「キングスマン」の1人ハリーでした。

 

ここから映画が動き始めます。

スポンサードリンク



「キングスマン」のネタバレラスト結末はどうなってしまうのでしょう?

エグジーはスパイ候補生として訓練所で必死に頑張ります。

そしてなんとか最後の2人にまで残ります。

 

でもエグジーの優しさがアダとなって彼はキングスマンになれなかったのです。

その頃ハリーはキングスマンとして最強の敵の存在に気がついていました。

 

その敵とは特別な階級以外の人たちを全て殺して地球を一掃しようと計画しているヴァレンタインです。

この計画に気づいたハリーはそれを阻止しようとします。

 

しかしその途中でなんとヴァレンタインに殺されてしまったのです・・・。

それを聞いたエグジーはハリーの仇をとろうと決め、ヴァレンタインに挑むのでした。

 

しかもキングスマン内部にヴァレンタインのスパイがいることを知ってしまったエグジー。

唯一信頼できるマーリン、ロクシーと協力してヴァレンタインの内部に潜入します。

 

そしてなんとかヴァレンタインを倒し、やっとハリーの仇を取れました。

そして一度はなれなかった念願のキングスマンになって活動を始めるのでした。

「キングスマン」を見た感想や評判はどうでしょう?

スパイ映画というと「007」や「ミッションインポッシブル」を思い浮かべる方が多いと思いますが、そんなスパイ映画の中に新しい風を送り込んだのがこの「キングスマン」です。

 

この映画を見た方の感想や評判はどうだったんでしょう?

まず予告編に惹かれてみたという方も多いようです。

あの傘はなんなんだって思った方も多いですよね。

 

そして実際に見た方もその傘を含め武器を使ってのアクションシーンが最高だったと感じたようです。

しかもあのコリン・ファースがアクションシーンを演じてますからね。

 

今までのアクションとは違いスマートでカッコいいアクションシーンでした。

キングスマンのもっとうである「紳士」というのに彼はぴったり当てはまります。

 

なのでアクションも派手ですが紳士なんです。

そこが見た人たちを、面白い!って思わせたんですね。

 

続編ができるのも当たり前のように感じています。

もちろんその続編も気になりますね!

スポンサードリンク