ジブリ作品の中でも世代交代としても有名となった「ゲド戦記」。

宮崎駿監督の息子さんが作った作品として大きな話題になりましたよね!

 

今回はそんな人気アニメ映画「ゲド戦記」の動画フルを無料で見る方法について紹介していきます!

ゲド戦記の動画フルを無料で見る方法を紹介!

ジブリの中でも世代交代として有名な「ゲド戦記」!

宮崎駿監督の息子さんの作品ということで、かなり注目を浴びましたよね!

作品自体も賛否両論となりました!

 

そんな「ゲド戦記」ですが、現在動画配信サービスの状況としては

 

・ブジテレビオンデマンド(FOD) ⇒ 配信無し

・U-NEXT ⇒ 配信無し

・Hulu ⇒ 配信無し

・auビデオパス ⇒ 配信無し

 

となっています!

 

そんな「ゲド戦記」ですが、現在「TSUTAYAディスカス」にて視聴することができます!

「TSUTAYAディスカス」とは、”DVD/CD宅配レンタル”・”動画配信サービス”の2種類のレンタルが選べるサービスとなっています!

 

DVDで視聴するのが好きな方にオススメサービスとなっています!!

「TSUTAYAディスカス」では、”DVD/CD宅配レンタル”・”動画配信サービス”のどちらも無料お試しキャンペーン実施中!

 

利用方法は簡単で

「スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却」の流れだけです!

 

入会金・送料・延滞金はもちろん無料♪

旧作の映画やドラマについては、全ての動画が見放題!

 

新作に関しては、入会時にもらえる動画配信ポイントで視聴することが可能となっています。

動画配信サービスのほうでは、スマホ・PC・テレビで視聴することが可能となっています♪

 

「TSUTAYAディスカス」の登録はこちらから!

TSUTAYAディスカスの公式ページに移動する

 

ゲド戦記のあらすじや原作との相違点!

本作品は原作者ル=グウィン(以下「原作者」)による「ゲド戦記」の一連の作品を原作としており、世界観や設定、登場人物名や用語などでいくつかの共通点を持つ。その一方、原案『シュナの旅』の影響が強いため、原作とは異なる点も多い。本作品と原作ゲド戦記の主要な相違点は以下のとおりである。

影の意味
原作3巻にアレンの影は出てこない。鈴木敏夫が『ゲド戦記』のテーマに触れる入り口として導入を提案した。原作1巻の影の物語をハイタカからアレンに移植し、影の役割も変わっている。
制作者によると本作では影の意味は原作とは対照的に設定されているようである。原作では若きハイタカ(ゲド)の影が「心の闇(憎しみや傲慢)」として描かれているが、映画ではアレンの影が「心の光の存在」であるとして描かれている。
原作における影は、光を受けた時に認識する事ができる、様々な受入れがたい心の傷(良心の呵責等)や、結果的に自分を害する事に繋がる弱い心(憎しみや傲慢等)である[2]。原作では影は、様々なゲドの経験から蓄積された無自覚な否定したい心の部分が召喚魔法により具現化し実体を脅かす存在となり、実体であるゲドにつきまといゲドは次第に追いつめられて行く。しかし、少年ゲドが影から逃げるのをやめて正面から向き合ったとき、彼は影が自分の一部であることを悟り受け入れ全き人となる。「影は自己認識へ、大人へ、光への旅の案内人なのです」(「夜の言葉」より)。
宮崎吾朗のインタビューによると、映画では悪役クモの仕業によって主人公の「心の光の部分」が切り離されて、光が肉体を追う影となってしまい、影は心の闇に支配されたアレンの実体と一つに戻ろうとして追いかけていたと説明されている。つまり、アレンの影こそが実は「心の光の存在」だった。テルーから「レバンネン、そうして命はずっと続いていくんだよ。」という言葉を聞かされ、闇に支配されていたアレンの心に「光」が戻る。
原作者は映画に対するコメントの中でアレンが分割した理由が不明確であることについて批判をしている。
アレンとゲドの関係
映画ではアレンが心の闇に支配されて国王(父)を殺害し国を出奔、そしてハイタカに出会って旅に同行するという展開になっているが、原作ではアレンは、エンラッドや諸国の異常を知らせるよう父に命じられて、ロークの大賢人たるゲドに会いに行き、そして2人で旅に出る流れになっている。
アレンの父殺し
アレンが国王である父親を殺すという設定は原作にはなく、映画オリジナルである。テルーが親から虐待されたという原作に準拠した設定ともあいまって、田を耕さずハジアを売ったり、人を売り買いする人が儲けたり等の均衡の崩れた世界を象徴している。世界の均衡を崩し、人の頭を変にする災いの力はアレンの身にも及んでいた。
劇中、アレンが父を刺したのと同じ構図で、アレンがハイタカに斬りかかるシーンもある。2度目のハイタカに斬りかかる方は、劇中はっきりとクモに操られていることが示される。
アレンの父殺しという設定のできた経緯は、書籍「ロマンアルバム ゲド戦記」のインタビューに詳しく記述されている。発案者はプロデューサーの鈴木で、主人公の旅立ちの理由を模索していた吾朗は、「この子は父を殺しちゃうんだよ」という鈴木の一言に初め驚いたそうだが、アレンのキャラクターに合うと思い取り入れた。脚本家の丹羽圭子のインタビューでは、当初アレンはおかしくなった父親に殺されそうになり国を飛び出す、というシノプシスがあったが、鈴木が「今の時代を考えると、息子が父を刺すほうがリアルだ」と発案し、吾朗が取り入れたと言う。
アレンの父殺しの理由は劇中はっきりとは説明されず曖昧だが、宮崎吾朗はインタビューで、「アレンは父を憎んでいたわけではなく、たぶん尊敬しており好きでもあったが、自分が陥っていた閉塞感やがんじがらめな気分を抑えきれなくなり暴走し、彼を取り巻く世界、社会の『象徴』である父親に抑えきれなくなった感情の矛先が向かった」という講釈をしている。
よく父である宮崎駿と宮崎吾朗の関係になぞらえられた推察がされるが、吾朗自身は「父さえいなければ、生きられると思った。」というキャッチコピーに対しても、自分のことではない、と否定している。
テルーの描写
映画ではテルーは火傷の跡こそ描かれているものの、基本的にジブリ作品におけるヒロインのデザインを踏襲したものとなっている。『シュナの旅』のヒロイン、テアにも似ている。ジブリの定石である少年と少女の物語にするため、原作では5 – 6歳(4巻)なのをアレンと見た目が同年代の少女に変更。火傷の位置は原作では右半身だが、映画では左の目から頬にかけて痣状にある。
原作では「顔の半分がケロイド化して目がつぶれている」とか「手が溶けて鉤爪のようになっている」など醜悪さを表現する描写が少なくない。また原作では炎によって喉も潰れており、「テルーの唄」のような歌を歌う事も出来ないとされる。
物語の世界
映画ではホート・タウンとその周辺で物語が進められるが、原作においてはゲドとアレンは辺境の島々から死後の世界まで、アースシーの世界を縦横に横断している。
原作では肌の黒い人間がマジョリティ、白い人間はカルガド圏出身のマイノリティである。しかし、映画ではハイタカの肌がやや黒い以外は誰の肌も褐色とはおよそ言えない。原作者は物語で肌の色が濃いのは邪悪さと結びつけられる因習に批判的なため、この肌の表現にこだわりを持ち、表紙の人物のデザインについて出版社と争うこともあり、ドラマ版製作者と対立したこともある。
アニメ作品では自然の物音の音源が厳密に選定されていないことが多く、例えば、真夏の都会の真ん中でスズムシやマツムシが鳴いていたりする作品がしばしばあるが、本作では世界観に合わせて本物のヨーロッパイエコオロギの声がサンプリングされている。
物語の解決
原作では、誰か悪者を暴力で倒す事によって物語の解決を図ろうとはしていない。それに対して映画では、世界の均衡が崩れつつあるのも、竜が食い合うのも悪役クモが生死両方を分かつ扉を開けた影響とされ、その悪役クモを倒す事によって、共食いをしていた竜がラストシーンで仲睦まじく天空高く飛ぶようになる姿を描き、物語は解決を見せ、終わっている。アレンはすべてのいきさつを知る大賢人ゲドと共に国へ帰る[3]
本作品の映画の公式パンフレットに『ハイタカはクモという魔法使いが生死両方を分かつ扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出す』と記載されているとおり、世界の均衡を崩し、人々の頭をおかしくしているのは、クモである。しかし、劇中ではクモは敗れたのみで、世界の崩れた均衡の全てが解決したかどうかは明確ではない。また、クモの台詞の中に「均衡はすでに我ら人間の手によって破壊されつつある」とあるため、クモだけが災いの原因とは言えない可能性が大きい。
劇中、世界の均衡を唯一崩せる存在は「人間」であると暗に示されており、世界の均衡を崩しているのは、本来は自分たちの物ではない物まで欲する人間の強欲な働きである。クモが不死を欲した事は均衡を崩す強欲な人間の働きの代表であるといえよう。ハイタカも過去の教訓から、均衡を崩さぬよう魔法の使用を控えている。

ゲド戦記の感想!

個人的には「人は昔龍だった」というところから惹き込まれて大好きな作品です!

しかし、実際のところ私の周りやネット上の評価を見ていてもやや評価は低いですね。

 

このゲド戦記は宮崎駿監督の息子さんのデビュー作でもあり、父親と比べられることは確実ですよね。

そんな中、「息子は父親を超えられない」「息子さんは父親に比べて才能がない」等といわれてしまっていました。

 

そりゃデビュー作から父親を超える作品を作れるなんてことはありえませんし、仕方ないですよね!

それよりも、ゲド戦記という作品が面白いか面白くないかで見て欲しいものです!

 

内容としてはしっかり作られていますし、原作も上手く再現していたりしていて面白いです♪

どうしても父との作品を比べてしまうことが邪念になっていて正当な評価を得れていないような気はしますね~。

 

「生きること」と「死ぬこと」についてのメッセージ性が強く、一つ一つの言葉が自分自身でも多く共感できる作品でした。

また、手嶌さんの透き通った声もステキでしたし、テルーの歌も聞き入ってしまうほどキレイな曲で大好きです♪

ゲド戦記ネット上の反応!

まとめ!

DVDで見たい!という方には「TSUTAYAディスカス」がオススメとなっています!

やっぱり馴染みの深いDVDでドラマや映画を見たいという方も多いようですね♪

 

「TSUTAYAディスカス」は”スマホで予約→郵便受けに届く→ポストに返却”とショップに足を運ばなくてもDVDをレンタルすることができます!

入会金・送料・延滞金も0円となっているので、安心です♪

 

「TSUTAYAディスカス」の登録はこちらから!

TSUTAYAディスカスの公式ページに移動する