2017年に公開された「フェリシーと夢のトゥシューズ」という映画をご存知ですか?

もしかしたら日本ではあまり話題になってなかったかも知れませんが、フランスとカナダの合作のアニメーション映画なんです。

 

19世紀のパリを舞台にしていてバレリーナになる夢を持っている少女がパリのオペラ座を目指して頑張るというストリーなんですが、子供向けと思っていませんか?

 

もちろん子供向けしかもバレリーナなので女の子向けの映画ではあるんですけど、しっかり大人も楽しめる映画なんですよ!

しかもバレリーナの動きなどの振り付けは本当にオペラ座バレエ団の方が担当しているので、かなり本格的な動きになっています。

 

ぜひかの機会に見ていただきたいなーと思って今回は「フェリシーと夢のトゥシューズ」をご紹介します。

ネタバレからラスト結末までちゃんと紹介しますし、もちろん感想も書きますね。



「フェリシーと夢のトゥシューズ」ってどんなお話なんでしょうか?

バレリーナになることが夢のフェリシーと発明家になることが夢のヴィクターは施設に住んでいます。

が、フェリシーは夢のために施設から脱出する事ばかり考えています。

 

ある日ヴィクターと一緒にフェリシーは施設を脱出することに成功します。

まあ、簡単に成功できたわけではないんですけどね...

 

でもなんとか2人はパリに到着します。

ここで大人の人にはちょっとしたサプライズというか、楽しめるシーンが映像になっているんです。

 

それは...

エッフェル塔が建設中なんです!!

 

舞台が19世紀末のパリなのでまだエッフェル塔は完成してないんです。

ストーリーとは全く関係ないけどこんなユーモア楽しいですよね。

 

子供には分からない大人だけの楽しみですね。

物語の中盤には自由の女神もこれからアメリカに送られるって設定になって出て来ますよ。

 

話を物語に戻しますね。

フェリシーは憧れのオペラ座のバレエ学校に行くんですが、もちろんツテもコネもないので入学できません。

 

するとフェリシーは別の女の子になりすまして学校に入学しちゃうんです。

びっくりというか、大胆というか。

 

レッスンを受けるんですが、もちろん今までちゃんとしたバレエなんかやった事もないので、上手くできなくて先生に目をつけられてしまうんです。

スポンサードリンク



「フェリシーと夢のトゥシューズ」ネタバレ(ラスト結末)はどういう展開に?

上手く踊れないフェリシーの夢は叶うんでしょうか?

フェリシーはひょんな事から知り合ったオデットさんにバレエを教えてもらい始めます。

 

実はオデットさんは元バレエダンサーだったんですけど、脚の怪我で今はバレエを辞めていたんです。

そんなオデットさんに教えてもらいながらフェリシーはメキメキ上達っするんですが、ついに嘘をついていたことがバレてしまい...

 

しかし先生のお陰でその場をうまく切り抜け、チャンスをもらってフェリシーとカミーユはくるみ割り人形の座を争うことに!

 

せっかくチャンスをもらったのに、フェリシーはテストの前の晩練習もせずに出歩いちゃったんです。

しかも充分に眠ってないし。

 

そんなんでは案の定テストは落ちてしまうんです。

施設に戻ったフェリシーですが、やっと自分がなぜ踊りたかったのかが分かりもう一度パリに戻ります。

 

そして念願のオペラ座でバレエダンサーとして夢を叶えたのでした!!

「フェリシーと夢のトゥシューズ」の感想は?

あらすじを読んでいたら「フェリシーと夢のトゥシューズ」を見たくなりませんか?

結構、ハラハラする展開が多いんです。

 

フェリシーの失敗と成功が1回だけでなく何回も出てきて、思わず身を乗りだ知っちゃいますよ。

展開も早いので飽きることなく見れます。

 

バレエのシーンも音楽とあっていて楽しくなってきますしね。

それにちょっと淡い恋心なんかもあってホッコリすること間違いなしです。

見て損することなく楽しめる映画で、見た後元気になれますよ。

スポンサードリンク